うつ病などの精神疾患には適切な治療が何より大事

レディ

うつ病に効く食事

悩む人

食事の楽しみが奪われる

気分の落ち込みが続き、大好きだった趣味すらも楽しめなくなってしまううつ病。実はうつ病になってしまうと趣味だけでなく、食事も楽しめなくなってしまいます。まず、うつ病を発症するとあらゆる欲求が弱まってきます。すると「ご飯が食べたい」「おいしいものが食べたい」という欲求が無くなってしまいます。さらに症状が進むと嗅覚や味覚などの感覚も鈍くなってしまうと言われています。感覚が鈍くなることで食事の味がわからなくなってしまい、ますます食事への興味や関心が無くなってしまうわけです。

食事はとても大切

そんな食事ですが、食事はうつ病の治療に大きく関わってくると言われています。食べることで得られる快感や、食べることで変わっていく感情がうつ病の症状を大きく改善するのではないかと考えられているわけですね。では具体的にどういった点に注意していけばいいのでしょうか?

血糖値を一定に

食事をすると血液中の糖の量が変化します。これが体内の血糖値を変化させる要因となります。この血糖値は糖や脂肪を多く含む食材を食べることにより大きく上がり下がりしますが、この血糖値の乱高下の幅が大きければ大きいほどうつの症状に悪影響を与えるといわれています。また、うつを発症する原因にもなると言われています。そのため、血糖値の値を上手くコントロールできるかどうかがうつ治療の鍵になってくるわけです。逆にこのコントロールが上手くいかないと低血糖の状態を引き起こします。低血糖になるとめまいがしたり、ボーっとしたり、イライラしたり、気分が落ちこんだりします。この低血糖の状態はうつの状態によく似ていると言われています。食事をした後にこの低血糖の状態が続く人は注意が必要です。

糖質の低いものを食べる

体内の血糖値を上げる要因となっているものは飲食物に含まれる糖質です。この糖質が高いものばかりを食べたり飲んだりしていると血糖値があがりやすくなり、うつ病を発症してしまうリスクが高まったり、うつ病の症状がひどくなったりします。そのためうつ病を発症している人は糖質の高いものを避け、糖質の低いものを選ぶようにしましょう。

習慣も大切

また、うつ病を治療するには普段の食習慣にも気を配る必要があると言われています。具体的な方法としては、少しずつ食べる、しっかり味わいながら食べる、香りを楽しむ、よく噛んで味わって食べるといったものがあります。要は食事を楽しもうということですね。逆にひとりでご飯を食べたり、急いで食べたりすることはうつ病の症状を悪化させると言われています。またスマートフォンやパソコンを見ながら食事をすることもうつ病治療の観点からは良くないとされています。